株式市場で株価大暴落時の対処法を考える

更新日:

株式市場の大暴落は避けられない

まずは、大原則。

株式投資をやっていれば、いつかは大暴落に巻き込まれる

ほんと、これ。
大暴落は、起こって当たり前のこと。

いつかは遭遇する。
株価の大幅な下落を完全に避けたいのなら、株なんかやるべきじゃない。

つまり、株価が暴落してから「どうするか?」を考えるのではなく、「株価が暴落した時に備えてどうしておくか?」の方が大事ということになる。

いわゆるリスクマネジメントである。

株価大暴落に備えてやれること

  • 「バブル臭」を感じたらさっさと利確する
  • 銘柄を分散してポートフォリオを構成する(業種を分けたり)
  • 普段から投資資金を全額は突っ込まない
  • CFDを利用しての空売り(ショート)なんかでリスクヘッジしておく

などが考えられる。

※あくまでも一例

もしもあなたが、株価の大暴落で痛手を負ってしまったのなら、今後はこういう戦略的な運用を考えるべきなのかも。

準備なしに株価の大暴落に遭遇した場合

とはいえ、なかなか上手くいかないのが投資であり、人間の心理である。
もしも、準備なしに株価が大幅に下落した場合は、以下の選択肢から選ぶことになる。

  • 持ち続ける(ホールド)
  • 売る
  • 買う

選択肢は以上。
それと、「冷静に判断する」というのもかなり重要。

暴落時は、焦る。
焦って判断しても、後悔しか生まない。

どうか、後悔のない選択を。

持ち続ける(ホールド)

持っていれば、また株価は回復するかもしれない。
しかし、更に下落するのならば、なかなか売る気になれない塩漬け状態になってしまう可能性も。

株の塩漬けは美味しくなさそうである。

売る

自分が持っている銘柄にダイレクトに影響があるようなら、さっさと売り逃げて、傷を深くしない方がいい場合もある。
ただし、「売った後に株価が上がった」という悲しい出来事に出会ってしまう可能性もある。

買う

バリュー投資の考え方でいけば、「価値のある企業の株が安く買えるなら買い時」である。
暴落時は、バーゲンセールのような側面も持っている。

自分が持っている銘柄を買い増してもいいし、他にお買い得な銘柄が見付かったら、そっちを買ってもいい。

そういう時の為に、「普段から資金を余らせておく」という戦略もあるのだ。

ベストな選択肢はどれか

終わってみないとわからない

これに尽きる。
僕たちは超能力者ではないので、複雑すぎる株価がどう動くかなんて、読むことはできない。

※たまたま当たって「予測できる!」と勘違いするつわものはいるが

何がベストかは、自分で判断するしかない。
焦って選択すると、後悔しか生まないのは前述のとおり。

後悔すると、株式投資が嫌いになってしまうかも。
まあ、それでリスクとさよならできるなら、いいのかもしれないが。

-株式投資ノウハウ

Copyright© 株式投資研究ログ , 2018 All Rights Reserved.