株式の仕組みとは?株式会社が発行する証券の役割

更新日:

株式とはどういうものか

僕らが何気なく売買している「株式」
これを一言で説明すると「出資の証明書」が適切かな。

現在は株式が電子化されているので実感ない人も多そうだけど。

中には「馬券」のような感覚で売買している人もいるよね。

株式を買うということは、企業に出資すること

株を買うと、その企業に出資したことになる。

その企業に資金を託し、「頑張れ!」と応援するような意味合いがある。
そこまで意識しなくても株式の売買はできるんだけど。

「株を買う」の本質は、「企業に出資すること」

出資した人を「株主」、出資の証明となる証券が「株式(株券)」

株を買った人のことを「株主」と呼ぶ。

株を買うと、少なからず企業の経営に参加していることになる。
株主総会で使える「議決権」が貰えるし。
そもそも、株主は株式会社のオーナーである。

「株式」というものは、株式会社にとってかなり重要なもの。
誰かに買われすぎると会社を牛耳られてしまう可能性もある。
だから、「持ち株会」のようなもので、外部の人間が株を買いすぎないように抑制してりしている。

出資された資金を元手に事業を行っているのが「株式会社」

「有限会社」の場合、株式の発行はない。

ちなみに、今は会社設立すると、自動的に「株式会社」になるそうな。株式投資には関係ないか。

【参考】有限会社と株式会社の違いと覚えておきたい注意点4つ - すばる塾

株式は「馬券」ではなく、立派な「証券」

ザックリ書いたけど、「株式」というのは、株式会社の経営に大きく関わる存在だと感じて頂ければ幸い。

株を売買するとき、そのことをちょっとは思い出してもいいかも。
「馬券」のような感覚で短期トレードもできるんだけど。

※株を売っても、企業からお金が返ってくるわけではなく、投資家同士でお金のやり取りしてるだけというのは、間違えないように。

-株式投資の基礎知識

Copyright© 株式投資研究ログ , 2018 All Rights Reserved.