SBI証券「スタンダードプラン」の手数料がいつの間にか改定されていた

更新日:

SBI証券の手数料が割安に

ネット証券最大手と言われる「SBI証券」には、「スタンダードプラン」と「アクティブプラン」の二つの手数料プランがあります。

  • スタンダード⇒一約定ごとに手数料が発生
  • アクティブ ⇒一日の約定代金に応じて手数料が発生

なんと、2017年12月22日に、「スタンダードプラン」の手数料が改訂されてました。
しかも、「割安」の方向に。

※「アクティブプラン」の手数料も最大で「無料」になるようになってます
SBI証券の国内現物株式取引手数料を無料にする方法

2017年12月22日以降の「スタンダードプラン」手数料(国内現物株式)

※金額は全て「税別」

約定代金 前まで 現在
5万円まで 139円 50円
10万円まで 139円 90円
20万円まで 185円 105円
50万円まで 272円 250円
100万円まで 487円 487円
150万円まで 582円 582円
3000万円まで 921円 921円
3000万円超え 973円 973円

一部(少額組)の部分がお安くなり、一部は据え置き。

「楽天証券」も手数料が安くなってた

「楽天証券」も、2017年の末ごろから上記の手数料と同じ金額になってました。
SBI証券の「スタンダードプラン」と全く同じ。
パクリなのか何なのかは不明。

「手数料ビジネス」と言われる証券会社にも、デフレの波が押し寄せていますね。

ユーザーからすると嬉しいことなんですけど。

-株式投資と証券会社

Copyright© 株式投資研究ログ , 2018 All Rights Reserved.