株式投資の仕組みとは?株を買うとはどういうこと?利益が出る理由

投稿日:

株式投資では株式の売買をする

まあ、当たり前の事なんだけど。
で、その「株式」ってなんだろう?株を買うってどういうことなんだろう?という話も。

株式とは、会社が資金調達のために発行している証券である

なので、株式を買えば、その金額が会社に出資されたことになる。
それと同時に、株を買った人は「株主」となる。
「株主」は、「会社のオーナー」であり、その会社が発行している株式を多く持っている人ほど、その会社内で強い発言力を持つことになる。

株式の仕組みとは?株式会社が発行する証券の役割

株式を買うと、実質的には「その会社の経営に参加する」ということになるのだ。

株式投資で利益が出るのはどうしてか?

株式会社というのは、利益を生み出すもの(そうじゃないときもあるけど)。
株式会社は、儲かった分を、オーナーである株主に「配当」という形で還元するようになっている。
これが、「インカムゲイン」と呼ばれる利益。
まあ、会社の方針や業績によって、配当がない会社もあるし、配当があっても、その配分率は会社によってマチマチである。
それに、配当だけじゃなく、「株主優待」という形での還元も行う会社もある。

これが、株式投資で利益が出る仕組みの一つ。

「その会社の株を買いたい!」という人が増えれば、株式の値段(株価)も上がる

「需要と供給」の話。
オークションみたいなもの。
需要に対して供給が追い付かなければ、ものの値段は上がるのと同じ。
株式も、そんな「需要と供給のバランス」により、株式市場で日々株価が変動している。

有望だからなのか、人気だからなのか、「その会社の株を買いたい!」という需要が多くなれば、株価は上がる。
株式は譲渡できるので、株価が上がった状態で売ることができれば、買ったときと売ったときの株価の差が「利益」になる。
これが「キャピタルゲイン」と呼ばれるもの。

株式投資の利益の種類!インカムゲインとキャピタルゲイン

逆に、株価が下がって損失が出る可能性も十分にある。
それが、「株式投資のリスク」だったり。

株式投資のリスクとは?その意味とリターンとの関係

株式投資で利益を追求するには?

チャートなどで判断して、需要と供給のバランスを予測しようとする「テクニカル分析」を使う人もいる。
決算書やビジネスを分析し、企業の将来性や内在価値なんかを計算する「ファンダメンタルズ分析」を使う人もいる。
単に、「こういうゲームが流行ってるから、この会社来るかも!」みたいな情報で買っている人もいる。

一日単位の短期で売買する人もいれば、数年単位の長期で持とうとする人もいる。

で、株式投資には必勝法がない。

なので、僕のアドバイスとしては、「自分が心地良い方法・やってて面白い手法を使うと良いよ」になる。
必勝法とか求めてる人は、無駄に勉強にお金に使いすぎたりして、大損する危険があると思う。
ノウハウとか情報を高値で売り付けてお金を稼ごうとする人はたくさんいるので、お気を付けて。

株式投資に「ベストな手法」なんてあるのか?やり方はご自由に

-株式投資の基礎知識

Copyright© 株式投資研究ログ , 2018 All Rights Reserved.