株式投資を始める前に用意するべきものまとめ

更新日:

株式投資を始めるには

株式投資を始める前に用意するものは、以下の通り。

  • 株式を買う為の資金
  • 証券会社の口座
  • 株式投資の知識

とりあえずこれだけあれば株式投資を始めることはできます。
お金が増えるかどうかは、神のみぞ知るところ(株式投資はそういう世界なんです)。

では、もう少し詳しく書きます。

株式を買う為の資金について

資金はあるに越したことはありません。
以下、やってて感じた注意点。

  • 投資資金は余裕資金であるべき
  • 生活費に手を付けない

余裕資金がない、金欠状態なら、まずは貯金してから始めるべき。

貯金がない、生活費もギリギリの状態で損失を出したら悲惨。

証券会社の口座選びについて

株式を買ったり売ったりするには、証券会社の口座が必要。
証券会社の口座を開設し、そこに入金してから株式投資を始められるようになっているので。

証券会社は、大きく分けて「店頭証券」「ネット証券」があります。

店頭証券は、その名の通り、店頭で取引を申し込んだり、アドバイスを受けたりできる証券会社。あとは、電話注文とか。

ネット証券は、インターネットを使って取引をする証券会社。

店頭証券は、証券会社の人間からアドバイスを受けたりできるが、その分取引手数料が高いのが大きな特徴。
ネット証券は、個人でやらなければならないが、その分、店頭証券に比べると手数料が遥かに安いのが特徴。

好きな方を選んで下さい。自分一人でやりたいなら、ネット証券一択。

主要なネット証券会社を紹介

ネット証券はいくつかあるので、大まかな特徴と共にネット証券会社をいくつか紹介。

「最大手」という安心感が欲しいなら「SBI証券」

ネット証券の中では、最大手。ネット証券では、システムの不具合の危険とかもあるので、安心感が欲しいなら最大手のSBI証券でもいいかと。

※「アクティブプラン」では、一日10万円までなら現物株式の取引手数料無料になったので一気におすすめ度アップ

取引手数料の安さで選ぶなら「ライブスター証券」

ネット証券の中では、取引手数料が圧倒的に安い。手数料は意外と見えないコスト。コスト削減を考えるならライブスター証券で決まり。

使いやすさで選ぶなら「GMOクリック証券」

「取引ツールが使いやすい!」ということで評判のGMOクリック証券。取引手数料もそこそこ安いので、使いやすさ重視ならここでいいでしょう。

店頭証券でも問題なし

対面や電話で株式投資をやりたい人は、店頭証券を選んでも問題ありません。「野村証券「とか「大和証券」とかあります。

株式投資の知識は、ガッツリ身に付けておかないと銘柄選びで困る

投資資金と証券会社の口座さえあれば、とりあえず株式の売買はできます。買い方や売り方は簡単ですし。

しかし、です。買える株式は、実に3000以上あるんです。その中から、有望な株式を選び抜き、取引しないといけないんです。

知識がないと、「何を選んだらいいかわからない!」ということに・・・。

あなたの大事なお金を投資に回すんです。生半可な知識だけじゃ足りません。
株式投資は、プロでも勝つのが難しい世界。

株じゃ楽して稼げないもの

始めるのは簡単。
でも、結果を出し続けるのは難しい。
それが、株式投資の世界。

利益が欲しいなら、本気で勉強し、本気で銘柄選びをする。

その覚悟がない、「楽に儲かりそうだから」という理由で株式投資を始めようとしているなら、悪いことは言いません。

普通に定期預金でもしていて下さい。

株式投資は、楽して儲かるものでも、簡単に大金が稼げるものでもありません。

損をするくらいなら、超低金利でも、銀行預金のほうがずっとマシ。

-株式投資ノウハウ

Copyright© 株式投資研究ログ , 2018 All Rights Reserved.